ソフトウェアの紹介(WINDOWS用)

本サイトの作者はWINDOWSを利用している点から、上級編ではWINDOWSを用いた新たな表現を紹介いたします。Macコンピュータでも代わりとなるソフトもございますのでこちらはご自身で発見してみてください。

 

-初級編-

illustrator

Adobe  Illustrator(体験版あり)

イラストなどのグラフィックを作成するソフト。

綺麗な静止画などを作成できます。マッピングにおいて重要な役割を持つパスもこのソフトで作成可能です。必要不可欠なソフトと言えます。

 

Photoshop

Adobe Photoshop(体験版あり)

イラストの加工・写真の加工などを得意とするソフトです。上記のイラストレーターに代わる機能も有しています。

 

 

 

Aftereffects

 

Adobe AfterEffects(体験版あり)

イラストを動かしたり、グラフィック映像を作り出すソフト。こちらもプロジェクションマッピングを作成するにあたり必須なソフトウェアです。

 

CreativeCloudロゴ

 

Adobe CreativeCroud(体験版あり)

イラストレーター、フォトショップ、アフターエフェクツなどAdobe社が提供するソフトがまとまって購入できるパックです。クリエイターを目指す方に良いでしょう。

 

-中級編-

resolumearena

ResolumeArena(体験版あり)

画像を元に映像を作ったが上手く形に映像が合わない!そのような場面で活躍するのがこちらのソフトです。時間がかかる作業が数分で終わるようになります。本来はVJ用のソフトですので色々な場面で工夫が可能です。体験版ではロゴなどが出現しますが使い方を学ぶには充分でしょう。

-上級編-

SPOUT

SPOUT(無料)

ProcessingやvvvvなどのプログラミングとResolumeを連携可能にするソフト。

Windows用

 

Processing

Processing(無料)

近年クリエイターに人気のプログラミングツール。JAVAベースですがわかりやすく作られている言語です。

vvvv

VVVV(無料)

初心者にもわかりやすいパッチ型のプログラミングツール。コンパイルなどの作業を必要としないため色彩などの調整が楽。映像クリエイターの方におススメです。

Windows用

GPUを使用するためパソコンのスペックが重要です。

touchosc

TouchOSC(有料)

iPhone,iPadなどで映像をインタラクティブに動かす際に最適なアプリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)