何故高いの?

プロジェクションマッピングばお金がかかる…

このようなことが書かれているサイトをよく見かけます。

大々的にやっているイベントを見ると自然にお金がかかってそうだな…なんて感想が出てくるのではないでしょうか。

ではそもそも何故こんなにお金がかかるのか?

それは機材費に莫大な費用が掛かっているためです。

以前投稿した「プロジェクターの種類と見分け方」の中でもとりあげておりますが、建物や大きな空間でプロジェクションマッピングを行おうとするとかなり高機能(高輝度、高画質)なプロジェクタが必要です。

オリンピックでも使われるような機器が安いはずもなく…

企業や機種によっても幅はあるでしょうが1日高機能なプロジェクタを借りるだけで数十万以上かかることも珍しくありません(ここでは具体的な価格は控えさせていただきます)

大きな建物の場合このプロジェクタが2台、3台、それ以上と必要になってくるのです。

当然1日だけでセッティングや機材準備が終わるわけもありません・・・

大規模なイベントをやろうとするとお金がかかることは避けても通れないことだとご理解頂けると思います。

では、プロジェクションマッピングは安く出来ないの?

そんなことはありません。

プロジェクションマッピングは技術的に言えばすごく単純でわかりやすいものです。何せ学生がサークルとしてやっていけるものなのですから。

重要なことは「工夫」です。

決してこの技術は外の建物に行う必要はありません。

暗い空間を簡単に作り上げることが可能な室内であれば、外で行うときほどプロジェクタの台数は必要ありません。

対象物が大きすぎなければ高機能のプロジェクタである必要はないのです。

お金がないから工夫してきたのが我々の団体です。

作りたいけどお金が…

工夫の仕方がわからない…

そんなときは気軽にLIGHTMANにご連絡下さい。

講座という形にはなりますがマンツーマンで目指したい作品へのアドバイスを行います。

講座開講!

ご無沙汰しております。

LIGHTMAN 石村です。

知らない間に結成から4年目に突入致しました。

メンバーの多くも社会人となり、より本格的に活動の場は広がっております。

そして、気づけば「プロジェクションマッピング」も今や特別なものではなくなってきたのではないでしょうか。

建物や屋外でのマッピングイベントが減る一方、多くの場所に自然とこの表現が溶け込んできているようです。

身近になる一方、企業に依頼をするとなると金額的に厳しい…

趣味としてやりたいけど何を始めたらよいかわからない…

そのような方のためにLIGHTMANは新たに

プロジェクションマッピング講座を用意致します。

基本的にはマンツーマンで完成目標

(作品やイベントなど)に向けた技術的な援助や演出内容などのアドバイスも含めて行います。

マンツーマンによる完全予約制と致しますので詳細や価格等は必要項目を記入の上、contact@lightman.jpに問い合わせください。

必要項目

・所属団体

(個人としての申し込みを依頼の場合はその旨をご記入下さい)

・お名前

・ご連絡先

・完成目標と要望(趣味として初めてみたい/大規模なマッピングを企画したい/まずはマッピングについて知りたい等)

なお、本講座は東京を中心に行いますことをご了承ください。

気軽にご連絡下さい!